ハイチ、ハリケーンで339人超死亡=米フロリダ沿岸直撃の恐れ

ロイター通信によると、大型ハリケーン「マシュー」の直撃を受けたカリブ海のハイチ当局は6日夜(日本時間7日午前)、死者が339人に達したことを明らかにした。ドミニカ共和国でも4人が死亡した。マシューは勢力を維持したまま米フロリダ州東部沖を北西に進んでおり、米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、7日にかけ同州沿岸部を直撃する恐れがある。フロリダ、ジョージア、サウスカロライナ、ノースカロライナの各州に非常事態が宣言された。マシューはハリケーンの5段階分類で上から2番目のカテゴリー4。NHCの6日夜の観測では最大風速が約58メートル。